忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/06/26 14:26 |
現日選抜書展その2

六本木にある
国立新美術館で

今日から(^0^)/♪

高倉先生の作品が
展示されているので

早速(^0^)/行って参りましたん((o(^-^)o))♪

今回も
素晴らしい個性的な作品ばかりでした。
((o(^-^)o))


特に
気に入った
作品に出会うと

つい立ち止まり見入ってしまいます。

私の変な癖ですが

何度も…

何度も…見ては、
離れ…

再び
戻り
…足を止めては
作品を見て

時間を於いては見入って
…の繰り返しで(笑)

…納得するまで

何度も見てしまうのは


書と云うモノを

どうしても
一つの
絵画に
捉えて見てしまうから
なんです。


何処か少し…
人と
見る角度が違うかもしれませんが。

偏った見方では無くて

純粋に
絵画の様に

そう
思い見てしまうのです。

きちんとした書道よりも、
わざと…
崩した

この様な書は…

絵画とカワラズ
とても
奥が深いから絵画の様に
大好きで…


だからと言って…、

でも、
いかにも!

いかにも!…
わざとらしい
奇を衒っている作品は、
ダメなんですがね(笑)

高倉先生の今回の作品…
「師」
ですが

久しぶりに

ジーンと来てしまいました。。。

迸るもの。。。

見ていると

いたく心が奪われて。

熱く胸に来るモノがありました(^―^) 。

「師」と云うモノの

大きさ。

作品の大きさ、、では無く!

目に飛び込んで来る程の

ダイナミックな
迫力。

「師」と云うモノの

高倉先生が思う

「師」への 大きさ

思いや


重さ


その迫力から、、
偉大さをも感じられます。

その力強い作品に 「師」に対する


強くて熱いエナジーが溢れて出ています。

私も、
「師」に対する思いを
改めて

同じに思い感じ

尊敬する「師」へ、、感謝で。


ジーンと来てしまいました。。

そして
先生の
この
勢いある書体も大好きです。

ホント好きだな~(^0^)/
枠にハマラナイ「書」という物。。


枠にトワラレテいない作風だから
こそ!

そこに

何かを求めて

見出だされながら、、
感じちゃいますね(^―^) 。
いやいや、、参りました(^―^) ニコリ


高倉先生…最高!!!
ありがとう(^人^)ございました。



拍手[5回]

PR

2011/02/24 03:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | 未選択

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<HOOTERS | HOME | プロカンジャンケジャン>>
忍者ブログ[PR]